私達夫婦はもうすぐ結婚30周年を迎えるベテラン夫婦です。親の元にいた年月よりも結婚生活の方が長くなって、本当にお互いが空気のような存在になってしまいました。良い意味でも悪い意味でも波風が立たない、平平凡凡な毎日だと言えます。

お互いの誕生日にはプレゼントをあげたりもらったりは続いていますが、結婚記念日のプレゼントというのは今までの結婚生活でたった一回だけです。それも私がもらっただけです。それが結婚10周年のスイート10ダイヤモンドでした。今は割合良く知られている習慣ですが、当時はまだ始まったばかり、というよりもどこかの宝石店かダイヤモンド販売会社のテレビコマーシャルで知ったばかりの頃です。

二人でテレビを見ていると盛んにこのコマーシャルが流れ、夫は冗談で「こういうの困るなあ、暗に責められているようなもの。」と言っていました。コマーシャルに出ているのは素敵なダイヤの粒が10個ずらりと並んだものでした。夫の給料では簡単に買えるような感じではありません。高価な宝石なので、バレンタインデーのチョコのようにコマーシャルしているからと、買えるようなものでもないから別にねだったりしませんと、夫には言いました。

もうすぐ10回目の結婚記念日になると言う頃、夫が買い物に行こうと誘ってきました。何か欲しい洋服などがあると一緒に行って、センスのない夫に口をはさみながら買い物をしていたので、いつものように出かけることにしました。ところが入ったのはデパートの中の宝石売場でした。まさかと思ったのですが夫はスイート10を買うつもりだと言ったのです。一応ちょっと積み立てた貯金があるからとのことでした。お小遣いは全部使い切る人だったので、ちょっと驚きました。

幾つか店の人が出してくれた中で、私の気に入ったデザインのものがありました。小さなダイヤが5個ずつ2段になっている素敵なデザインのリングです。ちらと値札を見て、やっぱり高いと思ったと同時くらいに主人が横でセーフ!とつぶやきました。本当に大丈夫なのか、顔を見てみると「じゃあ、これで決まりかな。」と言いました。「10周年おめでとうございます。」と言う店員の笑顔に照れくさそうにどうもと言った夫の顔は笑えました。とても綺麗に包装してもらい、それを持ってそのままレストランで食事をしました。

一粒のダイヤモンドリングは気軽につけることはできませんが、このスイート10のリングはどんなファッションにも合うので今でもとても気に入っています。結婚記念日のプレゼントは後にも先にも1回だけですが、夫がコツコツ貯めたポケットマネーで買ってくれたものでとても貴重です。
 

結婚記念日プレゼント総合ランキングから探す
夫_総合プレゼントランキング_2   妻_総合プレゼントランキング_2   トップページへのバナー