私達の結婚記念日は11月1日です。

結婚式を挙げていないので、市役所に結婚届を提出した日を記念日と2人で決めました。

なぜ11月1日にしたかと言えば、1並びで忘れにくいだろうと思ったからです。

始めは11月22日の「いい夫婦の日」にしようかと話していたのですが、その日を記念日とするカップルが多いことから、あえて11月1日にしました。

忘れないようにとあえて11月1日に決めたにも関わらず、私はすっかり忘れてしまっていました。

普通、結婚して1年目の結婚記念日というのは忘れないものです。

ですが、ちょうど仕事が忙しい時期だったこともあり、私はすっかり結婚記念日のことを忘れていました。

しかし、主人は忘れていませんでした。

11月1日、仕事から帰ってきた主人の手には、ケーキの箱が袋に入ってぶら下がっていました。

それを見た瞬間、ハッと気づきました。

結婚記念日であったことに当日、しかも主人のケーキのプレゼントを見て気づいたのです。

その時は、本当にしまったという気持ちでいっぱいでした。

しかも、1年目という貴重な記念日を忘れてしまうなんて、何て迂闊だったんだと悔やみました。

思わず、主人に「なんだ、前もって教えてくれればいいのに。」と言ってしまったぐらいです。

すっかり結婚記念日であることを忘れていた私は、何も用意していませんでした。

しかも、主人が帰宅する前から作り始めていたその日の夕食メニューは、お祝いメニューでも何でもない回鍋肉だったのです。

しかし、作り始めてしまっていた手前、材料がもったいないですし、その日は回鍋肉を食べることになりました。

私の中では、結婚記念日にはちょっとした洋風のレストランなどに行って、コースメニューを食べてオシャレに過ごすイメージがありました。

なのに、現実には回鍋肉です。

なんだか、すっかり忘れてしまっていた自分に本当にガッカリでした。

食事後、主人の買ってきたケーキを一緒に食べました。

そのケーキは、近所では美味しいと評判の店のものでした。

主人は普段、こういったケーキ店に行くようなタイプではないので、買っている姿を想像すると少しおかしくもありました。

ですが、わざわざ普段行かないような店へ行って、私が喜ぶと思って買ってきてくれたことに、とても嬉しく思いました。

ケーキと一緒に、主人の温かい気持ちも頂くことができました。

このことがきっかけで、2年目以降の結婚記念日には、忘れずにプレゼントを準備することができています。
 

結婚記念日プレゼント総合ランキングから探す
夫_総合プレゼントランキング_2   妻_総合プレゼントランキング_2   トップページへのバナー